『野良猫のしつけ』はこうする!

猫の年齢によって難易度が大きく変わる

 

今までに3匹の野良猫を飼育した事がありますが、
その猫が子猫か大人の猫かによって、しつけの難易度には大きな差があり、
猫が幼ければ幼い程人間の生活に順応しやすく、しつけがスムーズに進みました。

 

成猫を飼った際にはしつけに非常に苦労しましたが、子猫の場合はそれほど困りませんでした。
実際に飼った経験と困った事を紹介します。

 

子猫の場合

 

生後10日程度の生まれたての子猫の場合

非常に楽でしつけに関する問題は全くありませんでした。
トイレもスムーズに覚えてくれましたし、人間にも良く慣れてくれました。

 

ただ、こまめにミルクをあげたり、寒くて体調を崩さないように温度管理をしたりする事は大変でした。

 

生後2〜3カ月程度の子猫の場合

少し大変でした。
トイレ等の基本的なしつけは問題無くできました。

 

しかし、親離れができていなくて、親から離すと寂しがって一晩中鳴いたので、睡眠不足になりました。
睡眠不足で仕事に行くのは辛かったです。
この頃から子猫は警戒する事を覚えるので、人に慣れるのには少し時間がかかりました。

 

 

この頃の子猫は何をするのもお母さん猫と一緒です。
里親が見つかって里親さんの家でも可愛がってもらえるようにしつけるために、
親と離して家で飼いましたがすごく寂しがっていました。

 

成猫の場合

しつけには非常に困りました。
そして、人に慣れるのにも時間がかかりました。

 

今までについた習慣を変えるのは容易なことではないので、しつけはほぼ不可能でした。
猫をしつけるのではなくて、私が猫に合わせるような飼い方をしています。

 

野良猫のしつけで困っている事・困っていた事
トイレのしつけが上手くいかない

飼った時点で既に成猫でした。
家に猫用トイレを置いても全くそのトイレを使わず、
トイレのしつけに何度もチャレンジしましたが、上手くいきませんでした。
猫自身が決めた場所で糞をしています。

 

そのために、アパートに住んでいる他の住民に怒られてしまい、
毎日家に帰ると、猫が決めたトイレの掃除をする事になってしまっています。

 

階段裏の砂の多い所をトイレにしてしまっていて、雨の日は掃除が大変です。

 

外に出さないと鳴き続ける

もともと野良猫で、外の世界を知っているので外に出たがります。
家から出さないと、鳴き続け、引き戸に爪を立てて必死に外に出ようとします。

 

外に出ると汚くなるし、猫エイズ等の感染症・事故が心配で、
室内で飼いたいと思って部屋に鍵をかけて出られないようにしていました。
しかし、夜中にも大きな声で鳴くので、猫が可哀想だと思って室内は諦めました。

 

家に入れる時はウエットティッシュか猫用のタオルで足の裏と体を拭いています。

 

 

アパートの屋根の上や手すりの上等の高いところを歩くので、落ちてケガをしないか不安です。

 

まとめ

大人の野良猫をしつけるのは容易ではありません。
しかし、発想を変えて自分が猫に合わせてみれば上手くいく場合もあります。
しつけは上手くいきませんでしたが、私は猫との生活を楽しんでします。

 

寝顔を見ると癒されます。

関連ページ

飼う前に知っておきたい猫の困った習性
猫を飼う前に予め知っておきたい猫の習性をお伝えいたします。
猫の抜け毛でお困りですか?私のマル秘抜け毛対策を伝授!
私は、意外な物を使って、猫の抜け毛問題を解決しました。その意外なものとは?
猫は風呂が嫌いです※ 風呂の入れ方まとめ
猫は基本的にお風呂が大嫌いです。そんな猫をお風呂に入れる方法についてお伝えします。
地域猫活動とは〜神戸市の場合
地域猫活動とは一体どういうものなのか?神戸市の場合を例にご説明します。
猫を動物病院に連れていく時に本当に役に立つ『洗濯ネット』!
猫を動物病院に連れていく時に本当に役に立つ道具は『洗濯ネット』です。
子猫の里親探し〜里親が決まるまでに躾けておくべきこと
里親が決まってから、買い主を困らせないように、子猫のうちに躾けておくべきことを説明します。
旅行中の猫の世話はどうすればいいのか?
長期の旅行などで、猫の世話が必要となった時に、どうすればいいのでしょうか?
猫の身体能力を知っておこう!
猫の身体能力は想像以上なので、猫を飼う時はそれを知った上で飼うと、驚く事や失敗も少なく、安心して猫を飼う事ができると思います。
知らないでは済まされない野良猫の運命
野良猫の運命は過酷です。猫を飼う前には飼い続けられるかしっかり考え、その猫の一生を背負う覚悟をした上で猫を家に迎え入れて欲しいと思います。
猫の膀胱炎の症状と治療法、治療費
愛猫が膀胱炎になった時の症状、そして動物病院での治療、治療費について綴ります。
ニートが猫を飼うメリット
猫とニート。実はとってもよく似ているのです。ニートが猫を飼うメリットや大変なことについてお伝えいたします。
猫の知能は犬以上に高いことにビックリ!
猫を飼う前は『猫は頭の悪い動物』だと思っていました。しかし、実際に猫を飼ってみると、犬以上に頭が良いと感じる事が多々ありました。
猫の子育てと絆
猫は自分がどんなに苦しくても子どもを必死で育てていました。そんな姿を見ていると、愛情の深さの点では人間は猫に負けているのではないかと思いました。
猫の歯周病は命に関わる病気
猫の歯周病は命に関わる病気です。早め早めの対処が愛猫を長生きさせるとになるでしょう。
のたうち回るほど嫌がる愛猫の首輪を見つけた!
我家の猫は、首輪を装着しようとすると全力で抵抗し、のたうちまわるような状況でした。そんな時、ある首輪を発見しました。

このページの先頭へ戻る