猫の膀胱炎

猫が膀胱炎だと気が付いたきっかけは、
絶対に家の中でおしっこをしないクロが私の部屋の中でおしっこを漏らしてしまった事です。

 

漏らしたおしっこを見ると、明らかに普通のおしっこと色が違っていて、赤褐色でした。

 

 

色合い的にはこんな感じでしたが、もう少し茶色が強く、醤油に濃い赤色の絵具を混ぜて薄めたような感じの色でした。
透明度はこの写真と同じ位でした。

 

健康な猫のおしっこの色は、黄色〜濃い黄色・少しオレンジ色なので、
茶色で赤味のかかった色は明らかに異常だと思いました。

 

そういえば、寒い時期なのに朝早くから家から出たり、家に来てもすぐに出ていくようになって
何かが違うと思っていましたが、ただワガママになったのだろうと思っていました。

 

おしっこを漏らした日も、夜中に外に出ようとして騒いだので、猫を怒りました。
そうすると、猫が机の下でおしっこを漏らしてしまいました。

 

 

写真が入っていた箱でおしっこを漏らしたので箱がおしっこまみれに・・・・
血尿は本当にマズイと思って、モデナ動物病院に行きました。

 

クロの症状とクロは野良猫だと話すと、獣医さんは性別のチェックをしました。
性別のチェックが重要な理由は、メス猫の場合尿管が太くて短いので結石は自然に出る場合が多いけど、オス猫だと尿管が長くて細いから尿路結石が詰まりやすく、腎臓炎になる可能性が高いので命にかかわる問題になるからだと獣医さんは説明してくれました。

 

その後に下腹部のエコーを撮る事になりました。

 

 

白いのが砂だと獣医さんは教えてくれましたが、よく分かりませんでした。

 

獣医さんは、砂が原因で膀胱炎を起こしていると言っていました。

 

膀胱炎用の餌や飲み薬があるそうなのですが、クロは半分野良猫なので、外で何を食べているか分からないし、毎日薬を飲ます事ができないので、1〜2週間は効き目が続く注射をしてもらう事にしました。
注射を2本してもらいましたが、獣医さんは注射がすごく上手で手早く注射したので、クロは暴れませんでした。
注射の後に、『家ではできるだけ水を与えて下さい』と言われました。

 

こんな感じで診察は終わり、診察料を払ったのですが、5000円程度(相場は10000円以上)で安くてビックリしました。
この病院はすごく繁盛している病院なのですが、腕も良いし値段も安いからだと思いました。

 

もしも2〜3週間経っても治らない場合はまた来てくださいと言われましたが、注射のおかげで、1週間もすれば朝の早い時間に家から出て行かなくなり、膀胱炎は治ったみたいでした。
元気になってよかったです。


関連ページ

飼う前に知っておきたい猫の困った習性
猫を飼う前に予め知っておきたい猫の習性をお伝えいたします。
野良猫のしつけに困っていませんか?
野良猫を飼うことになった場合、困るのが、しつけではありませんか?野良猫のしつけ方お教えします。
猫の抜け毛でお困りですか?私のマル秘抜け毛対策を伝授!
私は、意外な物を使って、猫の抜け毛問題を解決しました。その意外なものとは?
猫は風呂が嫌いです※ 風呂の入れ方まとめ
猫は基本的にお風呂が大嫌いです。そんな猫をお風呂に入れる方法についてお伝えします。
地域猫活動とは〜神戸市の場合
地域猫活動とは一体どういうものなのか?神戸市の場合を例にご説明します。
猫を動物病院に連れていく時に本当に役に立つ『洗濯ネット』!
猫を動物病院に連れていく時に本当に役に立つ道具は『洗濯ネット』です。
子猫の里親探し〜里親が決まるまでに躾けておくべきこと
里親が決まってから、買い主を困らせないように、子猫のうちに躾けておくべきことを説明します。
旅行中の猫の世話はどうすればいいのか?
長期の旅行などで、猫の世話が必要となった時に、どうすればいいのでしょうか?
猫の身体能力を知っておこう!
猫の身体能力は想像以上なので、猫を飼う時はそれを知った上で飼うと、驚く事や失敗も少なく、安心して猫を飼う事ができると思います。
知らないでは済まされない野良猫の運命
野良猫の運命は過酷です。猫を飼う前には飼い続けられるかしっかり考え、その猫の一生を背負う覚悟をした上で猫を家に迎え入れて欲しいと思います。
ニートが猫を飼うメリット
猫とニート。実はとってもよく似ているのです。ニートが猫を飼うメリットや大変なことについてお伝えいたします。
猫の知能は犬以上に高いことにビックリ!
猫を飼う前は『猫は頭の悪い動物』だと思っていました。しかし、実際に猫を飼ってみると、犬以上に頭が良いと感じる事が多々ありました。
猫の子育てと絆
猫は自分がどんなに苦しくても子どもを必死で育てていました。そんな姿を見ていると、愛情の深さの点では人間は猫に負けているのではないかと思いました。
猫の歯周病は命に関わる病気
猫の歯周病は命に関わる病気です。早め早めの対処が愛猫を長生きさせるとになるでしょう。
のたうち回るほど嫌がる愛猫の首輪を見つけた!
我家の猫は、首輪を装着しようとすると全力で抵抗し、のたうちまわるような状況でした。そんな時、ある首輪を発見しました。

このページの先頭へ戻る