猫の身体能力

我が家の猫クロは小さくて可愛いのですが、その運動神経や身体能力に一緒に生活をしていてよく驚かされています。

 

猫の力

猫の力は意外と強く、ベランダに出る大きな引き戸も開けてしまいます。
最初にクロを家に入れた時、いつの間にか居なくなっていて、ベランダの扉を見ると開いていたので、『私が閉め忘れたのかな?』と思い、まさか猫が開けたとは思いませんでした。

 

 

この引き戸は、高さ約180cm・幅70cm・重さ約10kgで少し調子が悪く開きにくいのですが、このような感じに全身の力を入れて開けてしまいます。

 

クロは体重3kgの猫で、48kgの女性(筆者)に換算すると、160kgの引き戸を開けているのと同じ事になります。
この扉には少しだけ凸凹があるだけでほとんど持つところがありません。
そこに爪を引っ掛けて開けています。猫は本当に力持ちだと思いました。

 

ジャンプ力

猫はジャンプ力もすごくあって、時々予想もつかない所にいます。
名前を呼んだら上の方から鳴き声が聞こえてくるので見てみたら、私の目線より少し高い所にクロが居て、目があったので驚きました。
3メートル程度の高さの所から飛び降りてくる事もあり、驚きました。

 

 

高さ160センチの棚の上にあるプリンターの上やプリンターの紙のトレイの上で寝ている事があります。
この周囲には色々な物がありますが、登るときや降りる時に物を全く落とさないので、いつも関心します。
私も荷物整理のために押入れの天袋に登った事がありますが、登る時に物は落とすし、持つところがほとんど無く非常に苦戦しました。

 

バランス感覚

猫は、バランス感覚もすごくて、5cm幅の手すりの上でも300グラムの子どもを口にくわえたままでも平気で歩きます。
クロが子育中にアパートの手すりの上を子どもをくわえて歩くので、多くの住人が心配していました。

 

心配はしていましたが、落ちる事は全く無く、子どもをくわえていない時は、小走りで手すりの上を移動していて、猫にとっては当たり前なのかなと思いました。

 

 

私の部屋は5階ですが、クロはいつもベランダから出ていきます。
私には怖くてできないです。

 

反射神経

猫は動くものに非常に反応して、小動物や昆虫程度なら簡単に捕まえてしまします。

 

クロの子どもが2〜3カ月の時から、子猫はよくゴキブリを捕まえて遊んでいました。
その様子を観察していると、ゴキブリの動きを目で追う事ができていて、ゴキブリの動きに合わせて頭も動きます。
そして捕まえる時はほぼ一撃で仕留めていました(3〜3カ月半の頃)。
人間に換算すると幼稚園程度の年齢なのに、そこまでの運動神経を身につけている事に驚きました。

 

猫の身体能力は想像以上なので、猫を飼う時はそれを知った上で飼うと、

驚く事や失敗も少なく、安心して猫を飼う事ができると思います。


関連ページ

飼う前に知っておきたい猫の困った習性
猫を飼う前に予め知っておきたい猫の習性をお伝えいたします。
野良猫のしつけに困っていませんか?
野良猫を飼うことになった場合、困るのが、しつけではありませんか?野良猫のしつけ方お教えします。
猫の抜け毛でお困りですか?私のマル秘抜け毛対策を伝授!
私は、意外な物を使って、猫の抜け毛問題を解決しました。その意外なものとは?
猫は風呂が嫌いです※ 風呂の入れ方まとめ
猫は基本的にお風呂が大嫌いです。そんな猫をお風呂に入れる方法についてお伝えします。
地域猫活動とは〜神戸市の場合
地域猫活動とは一体どういうものなのか?神戸市の場合を例にご説明します。
猫を動物病院に連れていく時に本当に役に立つ『洗濯ネット』!
猫を動物病院に連れていく時に本当に役に立つ道具は『洗濯ネット』です。
子猫の里親探し〜里親が決まるまでに躾けておくべきこと
里親が決まってから、買い主を困らせないように、子猫のうちに躾けておくべきことを説明します。
旅行中の猫の世話はどうすればいいのか?
長期の旅行などで、猫の世話が必要となった時に、どうすればいいのでしょうか?
知らないでは済まされない野良猫の運命
野良猫の運命は過酷です。猫を飼う前には飼い続けられるかしっかり考え、その猫の一生を背負う覚悟をした上で猫を家に迎え入れて欲しいと思います。
猫の膀胱炎の症状と治療法、治療費
愛猫が膀胱炎になった時の症状、そして動物病院での治療、治療費について綴ります。
ニートが猫を飼うメリット
猫とニート。実はとってもよく似ているのです。ニートが猫を飼うメリットや大変なことについてお伝えいたします。
猫の知能は犬以上に高いことにビックリ!
猫を飼う前は『猫は頭の悪い動物』だと思っていました。しかし、実際に猫を飼ってみると、犬以上に頭が良いと感じる事が多々ありました。
猫の子育てと絆
猫は自分がどんなに苦しくても子どもを必死で育てていました。そんな姿を見ていると、愛情の深さの点では人間は猫に負けているのではないかと思いました。
猫の歯周病は命に関わる病気
猫の歯周病は命に関わる病気です。早め早めの対処が愛猫を長生きさせるとになるでしょう。
のたうち回るほど嫌がる愛猫の首輪を見つけた!
我家の猫は、首輪を装着しようとすると全力で抵抗し、のたうちまわるような状況でした。そんな時、ある首輪を発見しました。

このページの先頭へ戻る